大晦日に友の死を知る 2

社会に出て1年生の頃、下宿住まい

朝と昼とは会社の食堂、夜は定時制高校の給食

私のように、こんな生活をしている友達も大勢いた

会社の先輩がお祭りやお祝い事の時に

自宅に招待してくれて、よくご馳走になった

先輩には両親と4人の兄弟がいた、

私の友達の一番上のお姉さんがいなくなったのは一年も前

外国に留学した夫が戻る日にいなくなった

2週間して川で発見された、家を出た日の入水らしい

兄弟も何も聞かされていない

お姉ちゃんはこの一年「やりたい事を全部やった、旅行にも何度も連れて行って貰った」

「覚悟を決めたのはずっと前のようだ」

「今度は私が出る番だ」

とも言ったという

明るく振舞っていて、周囲が悟ることも無かったという

明るく振舞えば振舞うほど心の闇が深かったのだろう

ご主人は1年を経過しても他人に会おうとしない

奥さんのお骨を今も抱いているという

ご主人にもご兄弟にも私がしてあげられることは無い

立ち直りを見守っているしかない




                        ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック