薪ストーブは絶好調

家の薪ストーブ
画像

バーモントキャスティングス製アクレイム

重量200kgもある

据付は4人がかりで一度座ったら動かすことも出来ない

でもそれでいい

今年は暖冬で桜は早く咲き、田んぼの花畑も満開

地球温暖化の影響か?

海岸がなくなる話を書いたが、最近も気になる

どう見ても昔の広さが無い

ダムが出来て砂利を堰き止めているためだろうか?

あちこち見てもやはり狭い

オット、横道にそれた

暖冬でストーブの出番は無いかと思ったら

今年は今までで一番たくさん燃やした

軽トラックに3台分くらい燃やしたのではないだろうか

薪は4年物だ、4年乾かしたものを燃やした

酸素を極限まで絞ってもとろとろと良く燃える

寝る前に2,3本入れておくと朝まで暖かい

ストーブを入れて5年目か?

ようやくストーブの性質が判って

旨く燃やすことが出来るようになった

なかなか気難しいところがある

薪ストーブは環境保護になる

産業廃棄物として燃やしてしまう運命のものを頂いてくる

我が家の暖房は、ストーブが主役

自分たちよりきっと寿命が長いに違いない

ストーブを焚くようになって、一番いいことは

朝の冷え込みが少ないこと

2階の寝室まで暖気が届くように作ってある

全て手作業で一人で作った薪ストーブの置き台

煙突等、その他に大工工事

屋根工事

薪ストーブ奮闘記はまた写真と共にアップします

ペットのビビが薪ストーブの恩恵を一番受けています

いつもかぶりつきに寝ているからとても暖かいと思う





                     ブログトップへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック