能登の人達頑張ってください

スポンサードリンク




被災された方々には本当にお気の毒です。

日本に居る限り地震とは縁が切れないのでしょう

我、伊豆半島も有名な地震の巣

これまで何度地震にやられたか判らない

私の家も昭和51年の地震で全壊でした

幸いに両親とも怪我ひとつ無く無事で居てくれました

度重なる地震や水害が起きて観光客も無く

伊豆半島は死んでしまいました、そんな時期が何度もありました

テレビで見る映像は過去の地震の被害を思い起こさせてくれます

仕事の都合上、災害普及にはその都度出動しました

ライフラインの回復、それが私の職場です

地震や洪水だけでなく台風も直撃して大きな被害が出ました

不安な家族を家に残して災害復旧に出かけます

夜を徹して復旧作業に当たります

いつ来るか判らない余震や雨

不安な中、必死の復旧作業でした

皆さん初めての体験で不安が一杯でしょうが

強い気持ちで頑張ってください

あなた方の目に見えないところで懸命に頑張っている人が居ることを思ってください

山古志村や新潟豪雨そして地震と追い討ちをかけられて

大変です、お気持ち良く判ります。

山古志の地震では友人がバイクでボランティアに参加しています

断りきれないほど多数のボランティアが集まったと聞きます

皆さんの生活を具体的に支援や回復ができないにしても

後押ししている人はたくさん居ます、頑張りましょう

一昨年は妻と、昨年は団体で1週間珠洲市を訪れました

たくさんの暖かい交流があり能登に親近感を抱いています

能登島に泊まりツインブリッジを通り、輪島へ

画像


朝市を冷やかして時のたつのも忘れて

能登半島をぐるっと回る予定が周ることができず

次の宿泊地に向かったことなど思い出します

痩せの断崖や東尋坊など素晴らしい財産があります

どうか力強く生きてください

何度も何度も痛めつけられても伊豆の人間は這い上がっています

地震の多発地帯となるとお客さんは一時まったく来なくなりますが

観光資源や人情やおいしいお魚や心のこもったもてなしが消える訳ではありません

自然もそのまま有ります

時を待ちましょう、その時の準備をしながら耐えましょう


画像


伊豆半島には東海地震が待っています

能登半島の災害には比較にならない大きな地震が想定されています

私は地震で生き残り、少しでも他人を助けられるよう

ボランティアセンターを立ち上げます

頑張って生きましょう!




                       ブログトップへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック