巨人? アメーバ? 

人間って? 何だ?

長崎市長のみならず、物騒な世の中ですね

親が子を殺し、子が親を殺し、喧嘩で頭に血が上り

暴力団が縄張り争いで拳銃を発射し、欲が善人を殺人者にしたり

毎日殺人事件が報道される、

子供の集会でも子供同士の争いがある

人間って、1メートル50センチが身体が小さくて、

2mになると大男などと言われるが、実はたいしたことは無い

50cmの差なんて、所詮人間が作った長さの単位

地球から見たら人間などアメーバほどの大きさでしかない

いやいやもっともっと小さい

その地球ですら、宇宙から見たらケシツブ程にもならない

その宇宙も数え切れないほどあるという、50cmなどたいしたこと無いのだ

時間はどうだろう、地球が出来て人類が住むまでの気の遠くなるような時間ですら

饅頭の表面に取り付いたカビのようなもの

そう思えば人間の一生など本当に短い、カビ同士が争うことも無いのにと思う

また、反面時間で言えば、人間は気の遠くなるほど長い時間を生きているとも言える

生まれたその日に1日で死ぬ昆虫などから見れば、人間は見上げるような巨獣で

不老不死の、何でも食べる残虐な怪物に違いない

何を基準に大きいとか小さいとか、どうでも良いこと

数え切れない宇宙をもてあそぶ宇宙人は居ないだろうか?

大きな大地を大きなハンマーで叩いて飛び散った岩石一群がひとつの宇宙

それが無数にある、飛び散っていく途中でカビが生える

そう、それが人間としたら

争うことなど無いのだと思う

今の生を静かに全うできたらそれで良いのではありませんか?





                    ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック