本村さんの裁判 弁護人の主張

殺人ではなく傷害致死にとどまる。被告の精神年齢は12歳程度だ

弁護団は「死刑反対」を唱える人達

最初から量刑の限度が決まっているのもおかしい

それより疑いようの無い犯罪をうやむやにしよううとする弁護の有り方

には、大きな問題がある

犯人にも人権があることは承知しているが

非道な行為まで人権として保護するのはやりすぎ

殺してから生かすために犯した

など、陳腐な言い訳が通るはずも無い



裁判員制度が始まったら

一般の裁判員になった人はこんな捻じ曲がった解釈はしないだろう



侍の時代の「あだ討ち」を復活させてやりたくなるような事件が多すぎる

その方が判りやすくて良いのではないか?

いやいや「必殺仕事人」のほうがいいのかも



また、「水戸黄門も復活させて

農林水産省・緑資源や社会保険庁などなど、ばっさり切ってほしいものだ

                        ブログトップへ




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 赤西仁またも淫行報道が。。。一体何回報道されるんだか・・・【画像】

    Excerpt: 半年間の留学を経て帰国、KAT-TUNに復帰した赤西仁(22)に中学生アイドルへの淫行がタブロイド紙に報道されている。 しかも留学はジャニーズ事務所からのペナルティだった!? Weblog: 赤西仁またも淫行報道が。。。一体何回報道されるんだか・・・【画像】 racked: 2007-05-26 17:22