栂池の水芭蕉を見たぞ 道の駅「小谷」で温泉・夕食

栂池の水芭蕉群生地も見た

想像通り素晴らしい群生だった

標高が1900mにもなる高山の為雪が大量に残っていて

歩くにも細心の注意が必要だった

うっかり歩いていると下が川で、川の上の空洞部分だったりした

注意 注意



今夜の宿はペンション「シルクロード」のコテージ「マルコポーロ」

綺麗なところらしい、口コミを見て決めた


シルクロード

これが「シルクロード」、立派な看板だ

車を乗り付けると直ぐにご主人が出てきた「こちらです」

と、案内してくれる、「マルコポーロ」に案内され

sirukuro-do ビビ

備品等の説明を受ける、自炊ができるように備品が揃っている

今夜の心配はビビ、自宅では1階の自分のスペースに寝るが

今夜はワンフロアー、どうしよう??

車の中か?とも思ったけどそれも可愛そうだ

一緒に寝ることにする

コテージなので、素泊まりプラン

食事に出かける、新潟方面に向かう

10分も走ると「キンキラキンの恐竜」が目に留まる

道の駅「おたり」 小谷と書く

道の駅 小谷

ここに「深山の湯」が有る、ユニットバスより温泉

しかも、温泉と定食がセットになっている 決めた

温泉と夕食も済んで、「マルコポーロ」に戻る

さあ、寝るぞーー

ビビはケージに入れて物入れに入れる

だがやはりだめ、出たいとガリガリ爪を起てる

とうとう負けて布団に入れた  らしい・・・・

ビビは朝まで安心してゆっくり寝たようだ



さあ 2日目 きょうの行程は馬籠宿の近くまで

180kmと余裕だ、ちなみに昨日は360kmほど

それでも余裕のドライブだ



シルクロードの近くの散歩から朝が始まったが

山の爽やかな空気の中に、ここまで来て見たくない物を見てしまった

グリーンピア親の原

これだ、道の反対側にはスキーなどを保管する倉庫

ここも入り口が開いたまま、放置されている

俺の年金がここに使われたんだ、と思うと   


シルクロードのご主人に「見る所は?」と聞く

ちひろ美術館」にはぜひ寄ったほうがよいと言われる

高速道路を避けて一般道を走る

ナビに案内させるが「ちひろ美術館」は調布市らしい

ナビの美術館一覧からようやく「安曇野ちひろ美術館」を探す

セット 


tihiro美術館

優しい絵を描く作家 位しか知識が無かったが絵を見て、思った人だった

美術館の周囲から ちひろさんの絵の世界 優しい柔らかさに包まれている

優しい絵を描いたが自分の世界・人生は平凡ではなかったようだ

 ここで1時間30分ほど、香りの良いコーヒーを戴く  



ブログトップへ



話題のビリーズブートキャンプ やってみなきゃわからない



今TV通販で話題集中! 7月上旬出荷予定【ポイント10倍祭り】最新版 ビリーズ ブートキャンプ ...


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック