栂池から馬籠そして中央構造線博物館へ

今日も  梅雨  はどこに 

小渋ダムから中央構造線博物館へ向かって

ほとんど書き終わって、登録する時に失敗 残念 

楽天は途中で一時保存しておく機能がないのだろうか 

私が知らないだけかもしれないので、探してみる



さて、昨日の続き中央構造博物館の学芸員に火がついた 

 だ

中央構造線.研究所

中央構造線を境に日本列島を形作っている岩石の性質が明らかに違う

ドイツの学者を招いて19??から調査をしたとのこと

それでこの構造線の存在が判った

が、そのどちらにも該当しない地域がある なぜ 

日本はアラスカから見ると「くの字」に見えるけどその両端が近づいてきているのだそうだ、

つまり私の住んでいるあたりで今も折れ曲がっている

折れ曲がったところは開いて土地が下がる、そこに土石が堆積したので

6000mボーリングしてもホッサマグナの底に届かない

他とは同じ岩石が見つからないのだという・・・その場所を「ホッサマグナ

というんだと、マグナってつくのでマグマと思っていた・・無知 


伊豆半島はフィリピン海プレートに乗って今も快適に移動中 

御前崎に向かって接近中という、わが町では港を作って御前崎と交流しようとしている

だったらそんな必要ないじゃん と、怒ってみてもいつ着くの 

大鹿村の上流では中央構造線が露出している所がある

あーーこの写真ですね右と左で岩が違う

でも問題が有る、崖が崩れてはっきり見られないので

今業者と打ち合わせをしていたのだという、さっきいた人はその業者



博物館の中には学芸員と私らだけ、学芸員の独壇場だ 

目の前の川だけど昔はあの山の麓にあった

と、左側の山を指す、昭和36年の豪雨であの山が崩れて川を埋め

人家を押しつぶし対岸に乗り上げたのだという、多くの犠牲者が出た

そのため、川が曲がっているのだ(写真)

土砂崩壊写真

曲がった川は少し修正したけど、崩れた土砂の上には公園が出来た

大変な土砂の量だその上に観音様だろうか 

慰霊の物(碑)が建てられている

今日も自然の驚異をまざまざと見せられた

土石流の上に建てられたのがこの小学校

小学校

復興のシンボルになっている

学校の上を見ると、高い所まで家がある  ぽつん   ぽつん

この雪深い地域では、さぞ大変だろうな  

石も沢山見た、アツイ説明も聞いて、何にかすごく利口になった気分 

最初の印象と大違いだ まんぞく  まんぞく 

お昼が近いので絵文字を間違えちゃった 

それでは一旦保存して「ろくべん館」に行くぞ


他も見てね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック