オーシャン・ブルーはやっぱり外来種

オーシャン・ブルーはやっぱり外来種

日本の古来種にしてはおかしい と、思ったらやっぱり外来種だった

でも、今では日本人もしつこく自分をアピールする者がいる

外来種のような人間が増加している かなしいいーーーー

画像


  ヒルガオ科  

 学名:Ipomoea indica
 別名:ケープタウン・ブルー,クリスタル・ブルー,イリオモテアサガオ(西表朝顔),リュウキュウアサガオ(琉球朝顔),シュッコンアサガオ(宿根朝顔)
 花期:夏~秋

 亜熱帯原産のノアサガオ(野朝顔)の突然変異亜種だそうです。種はできず,多年草のようです。

そうです 多年草です 冬になると蔓は枯れます

ですが、あら不思議 春にはしっかり出てきます

それも、去年より太くたくましい蔓を伸ばしてくる

外来種に占領されて、生態系に異変が生じている

テラスの下でしっかり根を伸ばしている蔓は取ることも出来ない


占領されそうだ


ブログトップへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック