絶滅危惧種のハマボウの花がきれいに咲いている

画像


写真は、ハマボウの群生

画像


下田市吉佐見の河口に群生している、元々は温かいところの花

いつからかこの河口に咲き出した、それを地元で保護して今では立派な群生地

画像


遊歩道や木道を設置したり、休憩所・ベンチ・吊橋まである

画像


今が見ごろ

このすぐ下は海、白い砂で人気の海水浴場がある

画像


海水浴客の車が来るため、どこも有料駐車場

画像


ゆっくり写真も取れない“ちょっと写真撮らせて”と断って急いで撮る

今日はどんより曇っていたが、湿度が高い

暑い夏に爽やかな花



 ハマボウ Hibiscus hamabo (アオイ科 フヨウ属)
 ハマボウは関東以西の本州・四国・九州に分布し、韓国にも分布する落葉低木。内湾や河口の塩性湿地に生育する。幹は枝分かれし、樹高は3mほど。葉は落葉樹にしては厚く、両面に星状毛があるが、特に裏面には密生するので、灰白色に見える。縁には細かい鋸歯があり、葉の先端は急に細くなって突出する。7月から8月にかけ、オクラやケナフに似た黄色の美しい花を咲かせる。中心部は暗赤色であり、中心の雌しべに多数の雄しべが合着している点は、この科の特徴である。ハマボウの漢字には、「浜朴」を当てるとのことであるが、意味は不明らしい。海岸の植物には、意味が良くわからないものが結構あり、本種もハマゴウと名前は紛らわしく、おぼえにくい。
 岡山県では、瀬戸内海の島嶼にわずかながら確認の報告があった。長らく再確認されなかったので絶滅したかと思われていたが、最近、再発見された。岡山県のRDBでは、絶滅危惧種である。


ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック