ツバメが今年も巣立つ

会社の軒先に今年もツバメが来て巣作り

毎年来るけど、カラスに追われて巣を落とされたり

ヘビに狙われたり、イソヒヨが襲ってきたり

外敵が多いので、順調に育つのは半分にもならない

今年も何度も狙われたが、その度作り直した

その結果が今年は16羽か17羽も育っている

軒先に4箇所の巣がありどれも順調だ

tubame1


tubame2


tubame3

もうすぐ社会に巣立っていくが、ここまでの親の苦労は

大変な物がある、5羽の雛にいったいいくつ餌を運ぶのだろう

誰か暇な人がいて数えたら、1羽で100匹以上とも言う

休んでいる暇は無い、飛び続けている

その中では自分も食べなければならない

自分だけこっそりおいしい物を食べていることも無いだろう


でも飛び立ったら終わりじゃない

まだ小学校に行ったくらいだ

この腕白どもに自活することを教えなければならない

先日も駐車場の道で先ほど交通事故にあったツバメの遺体が有った

カラスもトンビも狙っている、外は危険がいっぱいだ

親の目も行き届かない、外敵が近づくと

親が威嚇しに来る、激しく騒ぎ立てる

異常を感じて見に行くとイソヒヨが近くで虎視眈々と狙っている

追い払ってやると、また餌を集めに飛び立った



今夜あたり「ツバメの恩返し」が有るかもナあーー


ツバメに比べて人間は情けないのが多いいねえーー


子供作らなければ良いのに、いじめたり殺したりするなら

これ直すの大変だよ、ぶたれたことが無いので

ぶたれたときの痛みがわからない、だから他人を叩いても

痛みの程度がわからない、死ぬまでぶってしまう


結婚したくない女・結婚したくても出来ない男

多すぎるね、将来寂しいと思うんだが、余計なお世話か?


そこにいくと、わが娘子供が3人、楽しんでるぞーー 子育て


いやな世の中だ、もっともっと 自然に学ぶといい


ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック