西伊豆の大動脈が崩落 

月曜日の午後、国道136号線が50mに亘り崩落した

盛土部分が陥没している、今日現在も陥没は拡大して

深さは1m以上になったとの報道

先の台風4号や梅雨の雨が地盤を緩めたようだ

沼津方面に向かおうとすると、電光掲示板で通行止めの案内

久し振りに迂回路を使うことになった

迂回路は急坂でカーブも多く乗用車同士がすれ違い出来ない場所もある

対向車が多いことも予想される為、いつもより更に左によって走る

やはり多い、右車線にはみ出して来る車もいる

狭い通りを抜けるところには牧場があり、農家の牛を預かっている

ここを抜けると山の頂上になる、一転して快適な2車線道路になる

douro

素晴らしい眺望だ、でも今日は雲が多い為か富士山は隠れたまま

ここから神奈川方面はこんな感じ

douro2

この山の中に、この素晴らしい道路??

普段は本当に通る車も少なくて閑散としている

数キロの道を通り抜けるのに1台の車にも出会わない

そんな道、この道の先は”西伊豆スカイライン”

実はこの道は数年前に出来た

植樹祭会場.JPG

写真中央を見ると、周りと違うところが見える

煙が上がっているようだ、あの場所は”植樹祭”の会場

数年前、天皇陛下をお招きして静岡県の植樹祭が実施された場所

天城山の自然林を数キロに亘り伐採して、数本のお手植えをされた場所

植樹祭の意義って?

昔は杉やヒノキだったろうが、今は杉やヒノキが売れない時代で

花粉症の原因になるので、ブナ等の広葉樹を植える

保水力があり、水害を防止する上でとても有効とのこと

また、落ち葉が”魚を増やす”働きもあるらしい、栄養素が海に流れるという

人間がした自然破壊をまた元に戻そうとの取組みだが

植えた木の数十倍数百倍の木を切っていることも事実

良いことは大動脈が不通の時通れることぐらい

天城山の山頂近くを箱根から西伊豆まで貫く計画が有ったが

それがまだ生きていて、天皇陛下をダシにして一気に進めたのかも??

追われた鹿が山を降りる、鹿がイノシシを追う、イノシシが人を襲う

自然の連鎖は複雑、崩しているのは人間、オレもその一人


ブログトップへ

この記事へのコメント

izukaraya
2007年07月26日 22:50
コメント有難うございます。『人生は旅 旅の途中のさまざま』・・・少し元気が出ました。お堅いお役所方が聞き入れてくれないので強行手段です。仮設の橋が通るまで死に物狂いで頑張ります!!また当店でお会いできたら嬉しいです♪

この記事へのトラックバック

  • タムタム

    Excerpt: 大人が夢中になれるホビーグッズがテンコ盛り! 圧倒的な品揃え!と破格の安さ! ホビーショップ タムタム Weblog: TTRPG racked: 2007-08-28 10:27