原発の話 東京電力柏崎刈羽原子力発電所で想定外の大被害

こんばんは

今日もご訪問ありがとうございます

今日は原発の話です

東京電力柏崎刈羽原子力発電所で想定外の大被害

想定外の大被害??

本当にそうなの?? 想定外って??

日本全体が動いているプレートに乗っている日本で想定外?? 想定外に自分たちが甘かったということか?

先日、長野県大鹿村の中央線構造博物館を見学した時

学芸員の説明に“日本全体が今も動いている”ことを聞いて納得し実感した

日本国サーフボードに乗ったような不安定な気分になったものだ

原発は優れた人たちが設計し・検討し・建設し、厳重な管理の下運転されているので

よもやこのような事態になるとは想定外



柏崎刈羽原発の基礎工事から段階的に同時進行している建設現場を見たことがある

素人が見れば、これ以上は無いというほどの鉄筋

太い鉄筋がびっしりと敷き詰められている

それも固い岩盤を数十メートル掘り下げて動くことなど予想できない岩盤の上

この鉄筋の上に強固なコンクリートが流される、絶対に動かないだろうと思われる磐石な設備に見えた

この上では20cmもの厚さを持つ鋼板やコンクリートが原子炉を封じ込める

たとえ臨界事故が起きても放射能が外に漏れないことをアピールする鋼板の展示

上物に対する安全性は十分アピール出来ていたと思うがそれが崩れた


意外なところ?に欠陥

それも、基礎部分、原発の根幹にかかわる重要な部分に甘さがあった

活断層の確認無し・初期消火体制無し・低レベル廃棄物のずさん管理・微量であっても放射能漏れ・原子炉建屋以外の設備のき弱さ・道路の陥没等ずたずた状態

神戸地震の2倍のガル?と言うが、元々地震国、甘いという他にない

他の原発も国の基準で作ってあるので同様なのではないだろうか?

新たな心配がでてきた



全ての設備を最高のレベルまで安全性を高めていたと思い込んでいた自分には信じられないもろさ

これが国で言うところの“最高レベルの安全性”と言うことですか?

“国の基準に沿った数値をクリアしていたと”言い訳するが

どこかの党の大臣“適正に処理している”発言に似ている

だから悪くないのか??? そうではないでしょ??? 実際に被害が出ているでしょ!!!

IAEAの査察を受け入れなければならない程の、テイタラク・不名誉 と言われても仕方ない

原発競争においては、諸外国に大きな溝を自ら与えてしまった、この影響は計り知れない

原発は日本にとって無くてはならないものになっている

だが、無理やりこじつけた安全性や環境アセスメントはいつか露見し破綻する


ところで、浜岡原発が事故になると真っ先に被害をこうむるのは我が 伊豆半島

全ての設備を見直して、真に安全に主眼を置いた運転をして貰いたいものだ


          ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 料理レシピ紹介サイト ブログでCookin

    Excerpt: 「大丈夫?原発と放射性廃棄物」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してく.. Weblog: 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin! racked: 2007-09-19 13:23