関根恵子の ” ゆでガエル ” 発言を聞いて会社の研修を思い出す


会社の研修で聞いた”ゆでガエル” 

当社を”ゆでガエル”と批判した外部講師 今思うと勇気ある発言だった

カエルはぬるま湯に浸っているうち

お湯が熱くなっているのに気づかず そのまま煮え 死んでしまう


この会社も今のままではカエルと同じ運命 と警鐘を鳴らした

当たっていたようだ 潰れてはいないけど状態は良くない

必死に再建中 巨大な会社は動きが遅い なかなか改革が進まない



関根恵子は当社を皮肉ったわけではない 日本の現状について言っている

終戦記念日だから 物騒な方角に誘導している輩に対しての発言

だが、我々国民へのメッセージとも取れる

危機意識など全く無い国民 自分さえ良ければ関係無い

自分さえ良ければ関係無い 果たしてそう旨くいくかな?


石油が止まったら 食料が止まったら 生活必需品が止まったら

即座にパニックになる

そんな危うい国 軍備で防ぐことが出来るとは思わない

でも何でも言うとおりになることも無い 自己の無い国になってはならない


    ブログトップへ






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック