国道136号線は必死の復旧作業中 あと10日余りで通れるようだ


国道136号線が、関係者の努力で12日には暫定的に

開通するようだ

いつまでもほっておけない伊豆の主要道路

西伊豆だけでなく、東伊豆にも少なからぬ影響を与える

西伊豆の車が天城峠などを通って下田を経由して西伊豆に入る

帰りも同じ道か、30分余分にかかることを覚悟して迂回路

地元の人は道は狭いが数本の迂回路を使う

大量の車を捌くことはできない道

なので、東方面に迂回する車も多い


だが、待ち構えている物がある

そう、ネズミ捕り=スピード違反の検挙

このところ頻繁に警官の姿を見かける

今日も一旦停止違反で捕まったらしい人がいた

主要な迂回路では”ネズミ捕り”どうして人間をネズミと言ったのかな?

狭い道を連なって走って広い道に出てほっと安心

ところが麦藁帽子をかぶったお百姓さんスタイルで罠が待っている

いつものあの場所

いつも通っている我々は注意しているが、

観光客には判らない、一たまりもないだろう

事故防止が主眼、他所ナンバーは狭い道が怖いためか

中央を走ってくる、中には右側を飛ばしてくる車もある

本当に危険だ、いつも細心の注意で走っている

事故が発生してから、相手が悪いと言っても仕方のないこと

危険予知実施だ


でも、観光客が多く入るこの時期に、他所の車を対象にした

取り締まりはいかがな物かと思う

警察には警察の立場があるだろうが

もう少し方法があるのではないだろうか

例えば、取締りには7名から8名くらいの警官が張り付いている

その人達が、事故多発箇所に立っているだけでも

交通事故防止が大きくアピールできるのではないでしょうか?

交通違反切符もノルマが有るとも聞きますが

警察会社ではないので利益追求もないもんだ

今日のことだけでも色々有るものです


今日は東伊豆町を走ってきました

江戸城築城に使われた石を写真にしてきました

あした、アップします


       ブログトップへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック