社員の奥さんが出産

こんばんわ

今日もご訪問ありが問うございます

先月出産した子供の保険証が欲しいので

手続きを急いで貰った

しかしだ 出産証明書はまだ病院に有ると言う

もう、出してから10日以上経っているのに??

子供が出産直後で病気などを心配してのこと

今は昔と違い産婦人科が激減している

遠くの病院に行かなければ出産ができない

自宅へ戻ったとき、緊急事態に備えようとする親心

それがたかが証明書一枚に2週間もかかるとは何事だ

医者の古い体質は一向に変わっていないようだ

検査や治療の器械は日進月歩で最新の物が供給されているのに

使う人の頭が古くては使い切れない

そもそも、医者の証明書の類は文書代が高い

その病院で医者自身が診た患者の証明書に2週間もかかるとは論外

そこでふと思った、学校や役場の机に山済みの書類

いつ仕事をするのだろうか?と疑問に思ったことがある

それに似ている 2週間前の仕事を今やる明日の受付はまた2週間先

仕事量が多いためではない 

全体のサイクルが2週間遅れているだけ

一度2週間他また仕事を片付ければ 後は毎日片付ければ良い

そしたら机の上もきれいなままではないだろうか?

仕事が多い だから明日やる は結局いい訳

診断書や証明書は診察の結果として出す物

法律で許されている行為とはいえ

一通数千円もの費用がかかるのは、何かおかしいのではないでしょうか?



ブログトップへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック