農水省って不正の温床か? 近所で見つけた不思議な物

補助金の不正請求発覚  

雑草に覆われた畑(元は田んぼ)の一部の雑草が刈り取られ

野菜が植えてある その横になにやら札が立っている

転作奨励金の対称になった畑だと言う

これで”転作奨励金”が貰えるんだと 余り疑問にも思わないで通り過ぎた日

でも、おかしくないか これって

きっと日本中に沢山沢山不正があるに違いない

日本の農家は行政に振り回されている

振り回したお詫びに補助金を支給する 農家が強くなってわがままが通るのだろう

形だけ整えれば”補助金対称になる”

今回は水増し請求 古典的な犯罪だ 大臣が関係している組織

再発防止が約束できないでいる これでいいの

こんな不正はごくごく普通に行われているということか

でも、我々の税金が消えていく 

最近の官や公務員の不正には呆れ果てて物もいえない状況

こんなことが日本中で起こっていれば 税金だって足りなくなるはず

大阪のほうではオンブズマンが大活躍をして 行政の不正を正している

この田舎では不正にも口を閉ざす人が多いようだ

何せ皆顔見知りだ 誰かが我慢している

面の皮の厚いやつが得をする構図だ

それじゃいけない

不正をしても言い逃れをして罪に問われなければ良いのか

日本のトップから倫理観を厳しくしていかなければ国全体が犯罪の温床になる

トップがこの様では将来危ないぞ

どこかからミサイルでも飛んで来ようものなら一目散に逃げ出すんじゃないか こういう輩は

善悪を教えたのは親と学校

どちらも信頼できなくなっているのかな


    ブログトップへ






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック