越前大仏が危機 競売35億円

画像


画像は数年前越前大仏を訪れた時に撮ったもの

以下の文にあるとおおり「巨大」と言う言葉通りの建物郡

大きさに圧倒された 時間は午後4時近くだったと思う

門前町が整然と並んでいたが お客の姿は まばら ほんの数名だった

お寺に入ると自分達夫婦二人になった 住職さんも誰もいない

静かな境内を歩いた記憶がある 

大伽藍の中には巨大な仏像がある 

テレビに出ていた「九龍壁」を見て あ!! ここ行った

思い出した!! とにかく大きな物だった 宗教法人ってお金が集まってくるんだな!!

と、貧乏人の羨望の眼で見た物だ

それが、競売の危機に陥っていると言う 郷土を思う篤志家が建立した物

個人で385億円もの巨費を投じて建築した物 だが 税金が払えないと言う

建立した人の思いからすれば残しておきたい物だが 止むを得ないのだろう

でも悲しい気持ちになる



以下はWebより借用しました

巨大な建築物群には圧倒されます。向かって右側の大伽藍の中に鎮座する越前大仏はまさに圧巻ともいうべき大きさ。

昭和62年5月に落慶した大師山 清大寺(だいしざん せいだいじ)は故多田清氏が故郷であるこの地勝山に建立したものです。

高さ17メートルという日本最大の大仏本尊は、中国洛陽市にある龍門奉先寺座像をモデルに造られました。殿内にはこのほかに1,281体の仏像が納められています。

また、境内にそびえる五重塔は、これまた日本一の高さ(75メートル)を誇っています。





北陸も好きな場所のひとつ 

海に取り囲まれた 伊豆半島も 大変魅力の多いところだが 信州も良い

来週は上高地に一泊します 紅葉が楽しみです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック