風力発電が増えている



箱根駅伝の2日目
ワセダがトップ 2位駒沢 苦しそう

伊豆の山奥天城山の麓と言うよりもうほとんど山頂に近い所

海岸からうねうねと長く細い道を上がっていくと

眼下に太平洋から伊豆七島を見渡せる

林を抜けるとこんな光景が見える
P1000052.JPG


P1000055.JPG


P1000053.JPG


P1000056.JPG


P1000054.JPG

今流行の環境にやさしい”風力発電設備”

伊豆にはすでに2箇所の風力発電がある

伊豆稲取に3基 南伊豆町に2基

伊豆稲取の風力は順調に稼いでいるようだ それが証拠に

近くの山に20基以上も増設する計画があるらしい

南伊豆の2基はあまり採算性が良くないと言う人のうわさ

そう言えば見るたび止まっている気がする


写真の風力発電は民間パワーで設備されているもの

10基全てを見ることが出来るようになたので運開も近いのだろう

大きい!!近づくほど大きさが実感できる

翼の長さは約40mにもなる

プロペラ

これが陸揚げされた翼

長ああああーーーーーーーーーーーーーーーーーい

と、歩幅で計ってみる 翼の元に37.3の表示 37.3m?

歩幅では35m有った

翼を取り付けると中心からでは半径40mにもなる

その長い翼を支える塔は60mもの高さがあるに違いない

自然を守る試みもお金が掛かるなあ

もっともこれを作っている人は、環境よりお金 かも知れないが?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック