冷凍食品の輸入は中国が70% ?





中国発の残留農薬の事故

報告が一月もの長い間放置されたと言っても良い状態にあって

被害者が増加したことは、食の安全に対する取組み姿勢が甘い

冷凍食品の大多数が中国からの輸入の事実も判った

安い食物、衣料などどれも中国製が圧倒的に多いが食の世界でも予想以上の多さに驚く

私の家の前の田は、年々遊休地が増加して、今では3分の2近くになっている

食の危機が叫ばれている今、これでは自給率など上がるはずも無い

餃子は当分手作りに限ります、冷凍食品は手軽で手抜きにはもってこいですがしばらく食べたくないですね

何か事が起こると日本の経済や安全が、いかに脆弱なものかわかる

石油もウランも皆外国が握っている

食材も中国が握っている 自給率を向上しないと太刀打ちできない

ところで我が伊豆松崎町は”桜葉生産日本一”を自負していたのだが

日本一は日本一だろうが、日本の残留農薬の規制から作る農家が減少し

供給が間に合わないのだそうだ そこでここでも中国の出番

そうなっていると言う 桜葉の葉は”大島桜”が適している

伊豆ではいわゆる山桜 畑で栽培される前は山の木に登り採取していたそうだ

中国にも大島桜があるのだろうか?

聞いたところによると、中国産は香りが少なく 香り付けの工夫をしているとか

餃子も桜の葉も検査体制はどうなっているのでしょうか?

何か事が起こって始めて動き出すのが、行政のいつものやり方だが

遅い

輸入前の検査体制をしっかり実施して戴きたいものだ

医薬品検査でも疑わしきは使用禁止にして欲しい



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック