世界遺産のツアーに参加






世界遺産を駆け巡り

熊野速玉大社

那智大社

青岸渡寺

熊野古道大門坂

熊野本宮大社

高野山

壇上伽藍

蛇腹道 町石道

総本山金剛峯寺

奥の院・大師廟

天野の里・丹生都比売神社

九度山・慈尊院・丹生官省符神社

合計12箇所を特急出回るツアー 中身は濃いが 体力勝負

一昨日の高野山からの帰途 近鉄八木駅に向かう

細い道を大型バスが走る カーブでは運転席が崖に食み出す

対向車あり バスがいきなりバックする 鋭い警笛

後ろから来た車に接触したらしい 広い所に出て話し合い

ようやく 近鉄八木駅に着く 後25分は有る 余裕だ!!

と、思いきや前の電車がまだ来ていない 17時41分発がまだだ

もう過ぎている

放送 手前の駅で人身事故で ダイヤが狂っていると言う

また、放送 乗るべき18時04分の名古屋行きと 次は運休だという


ツアーの41名はホームに取り残された

自分も時間どうりでも 最終電車にようやく間に合う時間

遅れたら??  困る

客がざわめく 大阪方面に出て 迂回して帰ろうとか?

いろいろ意見が出て ざわついている

ようやく添乗員と駅員 次に乗れると言う

乗った 3分の2乗った所で その次のほうが良いだろうと言う


あわてて降ろす 添乗員は大変だ 20代の女性

会社や鉄道会社と ひっきりなし調製

2台目に乗る 間に合うのかまだ不安が残る

伊勢中川駅で 乗り換え

ホームに入ると 扉が左右両方開くと言う さあ どっち??


「扉が左右同時に開くとは聞いていない」 添乗員はパニック

車両の前後で 手信号で 右に降りる 欠員なし ホッ

ホッ とする間もなく 名古屋行きに乗る 十分間に合う


ところが またまた 名古屋駅でも 扉の両側が 開くと言う

停車する直前の放送で またも 添乗員パニック

またも、手信号を送って無事一箇所に集合できた

大変な一日だった



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック