ミニチュアダックスフンド ビビの日記7

ペットのビビです、写真はこの家に来たときのものです

この頃は写真も良く撮ってくれたのにこの頃は余り撮ってくれない

そう言えば、ここのお兄さん(マー君)も2番目なので

余り写真が残っていないようだ、だんだんどうでも良くなるのかな?

画像


連休の後半にマー君が帰ってきて、ようやく始めの名前がわかった

長女は「りんご」ではなく「いちご」だった

3女の「おくま」はやはり「おくま」のまま

私はと言えば、発想の貧しさはここのお父さんと同じで

ブーフーウーから「フー」だったと言っていた

フーからビビになった、最初は呼ばれても判るはずがない

でもその内慣れてきた、ビ!ビ!と弾けるような発音に耳がピット反応する

いいかも!!

マー君は好きだ、お父さんとお母さんは顔を舐めさせてくれない

が、マー君は少しぐらいなら、なんとも無い

精一杯の私からの愛情表現なのに、食べられるとでも思っているのだろうか

食べてもおいしくは無いと思うけど

最初の名前の付け方が判ったので記録しておく

まだ、お乳が張って困る




       6へ←ミニチュアダックスフンド ビビの日記→8へ
                    ブログトップへ              


"ミニチュアダックスフンド ビビの日記7" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。